10:00~17:00(月~金)

シーマロックス液肥

【代理店募集中】シーマロックス液肥の地区別代理店を募集しております。

新しいタイプの光合成増強資材です


まったく新しい液肥

シーマロックス液肥は肥料というよりまったく新しいタイプの光合成増強資材です。
主に葉面散布により作物の光合成を20~30%高め、高収益・高品質・減農薬など21世紀の「食と農」を支える環境保全型農業資材です。
化成肥料であるチッソ・リン酸・カリは含まれておりませんので、肥料設計には影響を与えません。
皆様のこれまでの栽培方法に追加していただければよい結果をもたらします。

植物の必須元素

肥料と呼ばれる必須要素は14元素です。

1.N P K (チッソ、リン、カリ)の3大要素です
2.Ca Mg S Si (石灰、苦土、硫黄、ケイ素)の中量4元素です
3.Mn B Fe Zn Mo Cu Cl (マンガン、ほう素、鉄、亜鉛、モリブデン、銅、塩素)の微量要素と称する7元素です
(下線を付けた元素は生体内酵素の活性要素となる元素です)

シーマロックス液肥は多種類の微量要素を含有します。
3大要素、中量4元素、微量要素7元素の14要素が過不足(過剰・欠乏)なくベストの施肥設計された圃場でもシーマロックス液肥の施用は収量・品質を大幅に高めます。
シーマロックス液肥の含有微量元素が錯イオンであるためです。あえて触媒(酵素)肥料と考えます。

 

作物別用法

用法につきましては、作物・地域・季節などによって異なります。
お手数ですが代理店もしくは弊社までお問い合わせください。
お問い合わせはこちらまで

 

シーマロックス液肥の基本的な使い方

【シーマロックス液肥】は微量要素(ミネラル)のみの液体肥料です。
N(チッソ)P(リン酸)K(カリ)等の化成肥料は含まれておりませんので肥料設計には影響を与えません。
皆様のこれまでの栽培方法に追加していただければ、良い結果をもたらすと思います。

【基本的な使用方法】

  1. 播種や苗の移植の1週間くらい前に圃場全体に500~1,000倍希釈散布してください。
    作物によってはもっと濃い希釈液でも問題ない作物がございます。あくまでも標準的な、どの作物でも大丈夫な濃度です
  2. 育苗のときに2,000倍希釈液で葉面散布をすると根張りの良い健康な苗が育ちます。
  3. 播種、苗の移植後に2,000倍希釈液の葉面散布をしていただくことです。

これによりミネラル豊富な圃場をつくり、また葉面散布により光合成が活発化し、丈夫で健康な作物を育成できます。
圃場の面積が広く、葉面散布に追加の労力が大変な場合には、防除等のときに、最初に【シーマロックス液肥】の2,000倍希釈液を作りその中に防除液等を入れていただければ追加の労力は不用となります。
ぜひとも、一度試していただければ幸いです。
※石灰硫黄合剤・ボルドー液等の強アルカリ性農薬との混用はお避けください。

農林水産省登録肥料 生第85757号
有機JAS資材リスト登録番号 JASOM-170604

モニター募集中

試してみたい農家さんご連絡ください!無料サンプルはこちらから